• 2018.9.30
  • 海外事例

Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r2795348/public_html/tax-power.org/wp-content/themes/xw_saito_benri/single.php on line 72
Häagen-Dazs img2

Häagen-Dazs 「#HelpHoneyBees」

アメリカのアイスクリームのブランドHäagen-Dazsはミツバチの研究をして環境保護系のCSR活動を行っています。

世界各地の養蜂場で大量のミツバチが一夜にして失踪するという報告がされています。一夜にして働きバチの大部分が巣箱から消失するという

この現象は蜂群崩壊症候群(CCD= Colony Collapse Disorder)

と呼ばれています。病気や農薬、栄養の偏りなどいくつもの原因はあげられていますが特定には至っていません。

ミツバチは植物の受粉という役割を担っているので、生態系に大きな影響を与えます。

また、ハチミツはアイスクリームを製造する上でも欠かせない原料でもあります。

 

Häagen-Dazs img3

 

そこでHäagen-Dazsはミツバチに起こっている異変やミツバチの重要性を伝える活動とミツバチ研究への援助を行なっています。Twitterに#HelpHoneyBeesというハッシュタグをつけてつぶやいた最初の500人のTwitterユーザーに代わって$1を寄付をし、カリフォルニア大学デービス校のCCD研究プロジェクトに寄付されます。また、Häagen-Dazs自身もHoneyBee Havenという人々が自分で養蜂を始めるのを手助けするプロジェクトを運営しています。

Häagen-Dazsというアイスクリームメーカとハチミツで商品イメージに合っているのと同時に環境保護のCSR活動をしているという印象的な事例です。

狩山 知也
狩山 知也Kariyama Tomoya 法人専門 保険代理店/株式会社ニューリード
かつての私は社会貢献を「自分とは関係のないもの」考えていました。 「中小企業の私では到底できないもの」だと思っていましたし、「そんな余裕もない」とも考えていました。 ただ、ほんの小さなきっかけで「自分にも出来るかも知れない」と気付いた時に、私の扉は大きく開けました。 中小企業にとって大事な資本を、意味のある形で社会貢献に繋げていく… そんなお手伝いが出来るなら、私はそれを成し遂げたいと思いました。 よりいっそう本業を繁栄させ、皆様の想いをTAPと共に世界に広めていきませんか? 今、共に一歩を踏み出しましょう!
http://www.new-lead.co.jp/

RANKING