• 2018.8.15
  • 海外事例

Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r2795348/public_html/tax-power.org/wp-content/themes/xw_saito_benri/single.php on line 72
google img2

Google for Nonprofits

NPO向けのサービスを提供する様々な企業や団体があります。

今回はGoogle for Nonprofitsについて紹介したいと思います。

 

google img3

 

GoogleはNGO支援プログラムGoogle for Nonprofitsを立ち上げました。現在では50カ国以上で利用できるまでになりました。

Google for Nonprofitsは非営利団体の業務ワークフローを効率化し、資金調達に役立つツールを無償で提供しています。

条件を満たしたNPO法人であれば、大きく分けて3つのGoogleのサービスを無性で利用できます。

 

google img4

 

まず1つ目はGoogle App for Nonprofitsです。

Google App内のビジネス向けのサービス、GmailやGoogleカレンダー、Googleドライブなどが無性で利用できます。

NPO法人の業務として、様々な場所で活動されている方も多く直接顔を合わせて進めていくことが困難です。

そこでGoogleドライブで資料を共有したり、チャットやビデオ通話を利用しミーティングを行ったり、誰がどこにいても意思疎通の手助けをしてくれます。

google img7

2つ目は、Google Ad Grantsです。

Googleで何かを検索すると検索画面上に広告が表示されているのを見たことがあると思います。

通常この広告を出すには広告費を支払う必要があります。これとは異なり毎月10,000米ドル分の広告費を無償で掲載することができます。

NPO法人に関係のある言葉を検索してみると、検索結果ページにNPO法人の広告を表示させることができ、募金やボランティアの参加を募ることができます。

 

google img8

 

最後はYouTube Nonprofit Programです。

YouTuberが注目される時代になり、多くの人が利用するサイトになりました。

YouTubeの動画上に表示されるオーバーレイ広告やキャンペーン機能を利用することができます。

活動内容をYouTube上にアップロードすることで、文字や写真だけでは伝わらない視覚的アプローチをすることが可能です。

このようにGoogle社はNPO法人の活動内容を支援するのではなく、NPO法人自体を支援し、活動をスムーズに手助けするCSRを行っています。

企業の数だけ異なった支援の仕方があり、お金だけを寄付するだけの企業の支援の仕方は古くなってきているのかもしれません。

狩山 知也
狩山 知也Kariyama Tomoya 法人専門 保険代理店/株式会社ニューリード
かつての私は社会貢献を「自分とは関係のないもの」考えていました。 「中小企業の私では到底できないもの」だと思っていましたし、「そんな余裕もない」とも考えていました。 ただ、ほんの小さなきっかけで「自分にも出来るかも知れない」と気付いた時に、私の扉は大きく開けました。 中小企業にとって大事な資本を、意味のある形で社会貢献に繋げていく… そんなお手伝いが出来るなら、私はそれを成し遂げたいと思いました。 よりいっそう本業を繁栄させ、皆様の想いをTAPと共に世界に広めていきませんか? 今、共に一歩を踏み出しましょう!
http://www.new-lead.co.jp/

RANKING