• 2018.7.7
  • 海外事例

Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r2795348/public_html/tax-power.org/wp-content/themes/xw_saito_benri/single.php on line 72

ロレアル 人工皮膚開発で動物実験問題に向き合う

化粧品の世界的な大企業L’Oreal。美と健康というイメージが強い業種であるだけに、クリーンエネルギーや廃棄物削減などのCSR活動にも積極的ですが、その中でもいかにもL’Orealらしいのが人工皮膚の開発です。

 

ロレアルは世界最大規模の化粧品メーカーであり、科学的な研究開発によって生み出される粧品は肌に直接着ける商品だけに、開発段階で厳しい品質検査が行われます。

そのために実施される動物実験は、愛護団体から強い非難を受け、化粧品業界を悩ませる問題となってきました。

こうした自社のビジネス領域を取り巻く課題を「社会的責任」として受け止め、それを解決したのがL’Orealの人口皮膚です。

人や動物を使わずに製品試験をするために、3Dバイオプリンターを使用し、5セント硬貨サイズのペトリ皿に皮膚片を生みだすプリント技術を研究しています。

 

 

サンディエゴのパイオプリント企業オルガノヴォと共同開発した組立ラインを使用して、より早く、より簡単に皮膚を製造しようとしており、この製法の導入で、ロレアルはより正確な製品試験を実施することができます。

ロレアルはすでに、フランス・リヨンにある巨大研究施設で特許取得済みの皮膚製造を行っており、ロレアルは製品の成分が人間の皮膚に与える影響を正確に予測するために皮膚サンプルを使用しています。

 

もし皮膚サンプルの分子構造の反復を高速化できれば、より正確な試験結果が得られ、さらには異なる皮膚表現型での試験も可能になるかもしれません。

 

 

そうなれば、日焼け止めやアンチエイジング美容液といった、皮膚のタイプによる効果のばらつきが避けられない製品を改良することもできます。

狩山 知也
狩山 知也Kariyama Tomoya 法人専門 保険代理店/株式会社ニューリード
かつての私は社会貢献を「自分とは関係のないもの」考えていました。 「中小企業の私では到底できないもの」だと思っていましたし、「そんな余裕もない」とも考えていました。 ただ、ほんの小さなきっかけで「自分にも出来るかも知れない」と気付いた時に、私の扉は大きく開けました。 中小企業にとって大事な資本を、意味のある形で社会貢献に繋げていく… そんなお手伝いが出来るなら、私はそれを成し遂げたいと思いました。 よりいっそう本業を繁栄させ、皆様の想いをTAPと共に世界に広めていきませんか? 今、共に一歩を踏み出しましょう!
http://www.new-lead.co.jp/

RANKING